【レビュー】コンパクトで文字の大きなデジタル湿度計・温度計

苦しいのに、また走りたくなる「ランニング」にロマンの尽きない今日この頃。

そして、このサイトづくりも面倒な作業の連続なのに、またやりたくなってしまうという……。

ある意味、どちらも中毒に。

これが変な薬やギャンブルじゃなくて良かったです、ホントに。汗

そんなこんなで、たまの息抜きにランニングとは直接関係のないアイテムを一つ。

ここでは、持っていても損のない温湿度計をご紹介します。

ThermoPro 温湿度計 TP-49を購入してみた

とある理由から温湿度計が欲しいなと思い立ち、amazonでポチッと購入してみたThermoPro デジタル温湿度計 TP-49

ThermoPro 温湿度計 TP-49購入時のイメージ

ThermoPro 温湿度計 TP-49の詳細

使用方法スタンド、壁掛け、磁石の3通り
測定間隔約10秒間
温度の表示範囲-50℃〜70℃
湿度の表示範囲 10%〜99%
本体サイズ高さ6.6㎝×幅5.5㎝×奥行1.5㎝
付属品単4乾電池1個

¥481割引の¥899でした。

温度(摂氏・華氏)と湿度が計れます。

ThermoPro デジタル温湿度計 TP-49の摂氏のイメージ
ThermoPro デジタル温湿度計 TP-49の華氏のイメージ

ちなみに「華氏」とは、摂氏と違った温度表記です。

コンパクトなわりに文字が大きく、温度と湿度だけのシンプルさが気に入りました。

「見える化」はランニングにおいても大切!

ランニングを始めたばかりのとき、自分が何キロ走って、どのくらいのペースか全く知りませんでした。

もちろん、遅すぎてその必要もなかったし、今でも大して変わりませんが……。汗

それがガーミンのランニングウォッチを使うようになって、走った後のデータが楽しみに。♪

こんなことが分かってしまいます。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

関連記事: ランニングウォッチの「ガーミン・instinct」を使ってみた

たとえば、自分が走った距離や時間はもちろん、コースやペース、ピッチ、心拍数など。

これが巷で言う「見える化」ですね。

勘や思い込みに頼るのではなく、数値として捉えることの大切さを改めて痛感。

そなこともあって、サイトでお伝えする情報も可能な限り、「数値を根拠に」と思っています。

そこで温湿度計の出番。

ランニング関連、温湿度計で見える化できることは?

ランニングウェアやキャップに速乾性は付きもの。

この機能があれば、洗濯でも乾きやすくなります。

そこで、どのくらいの時間で乾くかをお伝えするとき、温湿度計があると便利です。

室内干しでは、室温と湿度が乾燥時間に影響します。

洗濯後のランニングキャップと温湿度計

外干しであれば風も影響するため、あえて室内干しです。

前提条件が違えば結果も大きく違ってくるため、洗濯後の乾燥時間を知るには温湿度計が欠かせません。

また、ランニング前に確認する癖をつけると、色々な気づきがあるかもしれません。

気温や湿度から見たときの、以下のようなデータです。

  • ウェアやキャップなどの機能性
  • 発汗量
  • 走行キョリ
  • ペース(分/㎞)
  • 心拍数

新たな気づきがあれば、サイト内でご報告いたします。

まとめ

今回、購入したのはこちらで。

ThermoPro デジタル温湿度計 TP-49

普通に置いておくだけで、室温(気温)と湿度が分かるので日々の生活にも便利。

ThermoPro デジタル温湿度計 TP-49 をデスクに置いたイメージ

一家に一つおすすめします。