【レビュー】ランニングでスマホ用の揺れないポーチを使ってみた

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

ランニング中やその前後に写真をとりたくて、スマホをポケットに入れて持ち運んでいました。

ただ、ポケットの中で揺れたり、パンツがずれ落ちたりしていたので、ようやくポーチを購入。

そこで、スマホ用のウエストポーチについてレビューします。

ランニングのスマホ用ウエストポーチとはこんな商品

amazonで色々チェックして、お値段も手頃なこちらに決めました。

ランニングポーチ 防水防汗6.5インチスマホ対応

㊟枠の中の商品名をクリックしていただくと、ご紹介の商品を直接ご覧いただけます。

ブランド名や商品名はよく分かりません。笑

ウエストポーチです。

幅6㎝で、「スマホ入る?」といった感じ。汗

後ろを見ると、すぐに謎はとけました。

腸のヒダのような構造だったのです。

ちなみに、長さ1.5mほどの大腸の内壁を全部広げると、テニスコート半面分だとか。

そんな感じで、見ためには小さなポケットが収納時には大きく広がります。

ジッパーが2つあり、ポケットはそれぞれで独立。

大きいポケット
小さいポケット

大きいポケットを開くとこんな感じ。

外側と内側に、雨や汗をはじく撥水加工がなされているとのこと。

ポーチ本体だけでなく、「差し込みバックル」も薄型。

バックルを中心に、両サイドでウエストベルトのサイズ調整が可能。

ウエストベルトはストレッチ性で、よく伸びます。

ウエストは60㎝〜100㎝まで調整可とのこと。

レビューするのはこんなウエストポーチです。

実際にウエストポーチをつけて走ってみた感想

いつもはスマホとキーケースを、ポケットに入れて走ってます。

スマホは大きなポケットに余裕でしたが、キーケース(横幅9.8㎝)が小さなポケットには無理でした。

カード類なら、小さなポケットでも大丈夫です。

キーケースは断念して鍵だけに。両方余裕で入りました。

腰に巻いた感じ。

もともとの薄型に加え、入れているのがスマホなので、着けた感じの違和感はありません。

車での移動中、つい腰に巻いているのを忘れるほどでした。

タイトめなウインドブレーカーでも、しっかりと内側に隠れるほど薄めなのがグッド!

10㎞以上ポーチを着けて走りました。

縦揺れバリバリのへっぽこ走りでも、ベルトと本体がウエストにしっかりとフィット。

心配だった「揺れ」は、まったく気になりませんでした。

実際に走ている状態をお見せできないので、動画をご参照ください。

ご覧のとおり、ほとんど揺れません。

撥水性は少し心もとない感じです。

走った後、思った以上に汗を吸い込んでいました。

気になったので、別の日にポケットの中にティッシュを入れて撥水性を確かめてみることに。

ランニング前
ランニング後
ランニング後

濡れてはいないものの、やや湿っているような感じがしました。

撥水性は過度に期待しない方がいいみたいです。

まとめ

ランニングでスマホと鍵を持ち運びたくて、ウエストポーチを購入しました。

キーケースは入りませんでしたが、目的は十分に達成できたと思います。

ウエストに巻いて走ってもほぼ揺れずに、想像以上の着け心地でした。

お値段もリーズナブルだったので、今のところ満足しています。

今回ご紹介したのは、こちらの商品。

ランニングポーチ 防水防汗6.5インチスマホ対応

スマホや鍵などを持ち運びたい方には、おすすめのウエストポーチです。

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

おすすめ記事:【超得ダネ】ランニング本はaudibleがおすすめ!Amazonオーディオブック無料ゲット!

関連記事:ランニングで揺れないボトルポーチおすすめ8選!飲み物はこれでOK