【レビュー】ランニングでミズノの防風手袋 32JY9605を使ってみた

身体の末端に位置する手は、寒い時期に特に冷えやすい部位。

そこで冬ランニングの防寒対策として、一つは持っておきたい手袋。

当サイトで、スマホも使える防風手袋としてご紹介している、「ミズノの防風手袋 32JY9605」をつけて走ってみたのでレビューします。

ミズノの32JY9605とはこんな手袋

手首がゆったりとしたつくりで、手の出し入れがしやすい手袋。

ミズノの防風手袋 32JY9605のイメージ

詳細

グリップ性あり(手の平)
スマホ操作可能(親指と人差し指)
手首の形状やや長めでルーズ
生地の厚み普通
リフレクターあり(両手の甲のロゴ)
サイズ3サイズ
カラー2色
素材ポリエステル100%

ちなみに、手首から中指までの長さ17㎝ほどで、Mサイズを購入しました。

問題ないつけ心地です。

もし、寒い季節に手袋を一つだけ購入するとしたら、この手袋をおすすめします。

理由は、悪天候にも対応できるため、使い勝手がよいから。

夏以外の少し寒さを感じるとき、それが雨天であってもこの手袋なら大丈夫。

また、走り出してから熱くなったときは、サッとはずせるのも手袋の魅力。

ミズノの防風手袋 32JY9605の機能性を先にご紹介します。

防風性

防風性のある手袋なので、もちろんニット素材ではありません。

ニット素材の手袋だと風を通し、雨が浸み込んでしまいます。

ニット素材の手袋イメージ
ニットの手袋
ニット素材の手袋イメージ
ニットの手袋

ミズノの防風手袋 32JY9605

ミズノの防風手袋 32JY9605のイメージ
タグのイメージ

寒い時期のランニングにこの手袋がおすすめな理由が、風や雨を容易に通さないことにあります。

吸汗速乾性

寒い時期は気温の低さもさることながら、雨や汗によるで濡れ冷えにも注意。

普段着の手袋であれば、濡れることを前提に考える必要はないかもしれませんが、ランニングでは当然のこと。

となれば、濡れても乾きやすい機能は欲しいところ。

この手袋はポリエステル製なので、濡れにくく乾きやすいのが特徴。

さらにポリエステルには、丈夫で型崩れしにくいといった特徴を合わせもちます。

風合いの良さ

これもポリエステルの特徴になりますが、シルクのような光沢感や質感で、普段着や仕事着に合わせても違和感ありません。

手袋の質感のイメージ
ビズネスジャケットに手袋を合わせたイメージ

光沢のある滑らかな生地なので、落ち着いた印象を受けます。

保温性

保温性を考える上で、まず「風を通さない」ことが重要。

その点、この手袋は防風性を備えるので合格と言えます。

さらに、裏地には暖かくて肌ざわりのよい起毛素材を採用。

裏起毛のイメージ

手袋を入れたときの、無機質な冷たさは感じません。

スマホ操作

ランニングで距離を測ったり、音楽を楽しんだりするのにスマホは必須アイテム。

手袋をしたままタッチパネルを操作できるのは、もはや当たり前の機能。

もちろん、この手袋もスマホ操作が可能です。

左右の親指と人差し指に導電布が加工されています。

導電布のイメージ
導電布のイメージ

また、物を持ったときに滑らないよう、手の平にグリップ力を高める加工も。

グリップ加工のイメージ

この手袋をつけた3度目のランニングが雨だったので、そちらをレビューします。

悪天候でミズノの防風手袋 32JY9605を使ってみた感想

雨の中を走ったデータが下記になります。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

データは「ガーミン・instinct」によるもの。

関連記事: ランニングウォッチの「ガーミン・instinct」を使ってみた

データ詳細

日付 2月28日
時間 18時43分〜
気象条件 雨(降水量2/㎜h)、気温8℃、湿度92%、風速3m/秒
キョリ 10.01㎞
所要時間 54分15秒
ペース 5.25分 /㎞
心拍数(bpm) 平均159 最大175

実際にはランニングコースへの行き帰りを合わせ、1時間半は雨に打たれ続けました。

いつも時計をつけて走っているので、こんな感じです。

手袋をつけたイメージ
手袋をつけたイメージ

手首がやや長めなので、時計に干渉しています。

しかし、気になるほどではありません。

また、手首がキュツと締まったタイプではなくルーズなので、長袖シャツの袖は自然にインできます。

手首のサイズ感
長袖シャツの袖をインした状態

手も出し入れしやすくて、いいと思います。

当日はずっと雨でした。

自宅に戻ったときの状態がこちら。

手袋の濡れ具合イメージ
手袋の濡れ具合イメージ

当日の気温は8℃と特に寒かったわけではありませんが、雨と風はなかなかのもの。

いつも多くの人が走ったり歩いたりしているのに、この日は「ほぼ自分だけ」といった状態。

この悪天候の中で、際立ったのがやはり防風性と撥水性。

防風性について、ニット手袋のように風を通すことはありません。

ただ、心配だったのが手首のルーズなつくり

ここから風が入ってこないか不安でしたが、全く気になりませんでした。

手首から先の手の甲や指の部分が、しっかりとフィットしているからだと思います。

生地にストレッチ性があるため、見た目以上にフィット感は高め。

ストレッチ性のイメージ
指のフィット感イメージ

皮手袋に近いフィット感です。

次に撥水性。(雨が容易に浸み込むかどうか)

結果的に、内側に雨は浸み込みませんでした。

自宅に戻り手袋をはずした直後の状態がこちら。

手袋をはずしたときのイメージ

手が濡れていますが、これは雨によるものではなく汗の影響です。

とはいえ、生地の表面には雨がやや浸み込んでいます。

手袋の濡れ具合イメージ

もう少し雨に打たれ続けていたなら、内側が濡れていたかもしれません。

あと、洗濯もまだ2回ほどなので、生地が劣化していないのも差し引いて考えるべきでしょう。

自宅に戻ったときの手の平はこんな感じ。

手袋の濡れ具合イメージ
手袋の濡れ具合イメージ

人差し指が濡れているのは、ランニング後ふくらはぎのストレッチのために、濡れた椅子に手をついたから。

手の平側の浸水も特に問題ありませんでした。

ただ、ランニングを終え歩きだしてからは、手の甲と手袋が内側で張り付き、冷たく感じました。

裏を返せば、よくフィットしているからだと思います。

保温性については、「フカフカであったか」といった類のものではありません。

しかし、「風や雨から手を覆うことで冷やさない」といった点では合格です。

とはいえ、あくまで気温8℃ほど。

気温が3℃以下でこの状況なら、この手袋単体では厳しいと思います。

そんなときは手袋のレイヤリング。

レイヤリングのイメージ
レイヤリングのイメージ

実はこの手袋を選んだ理由の一つにレイヤリングがあります。

厳寒期にはアウターグローブとして使うのに、防風性や手首のルーズなつくりが調度よいと思ったから。

手の甲と指のフィット感は思った以上でしたが、アウターグローブとして十分に使用可能です。

あまり分厚い手袋はかさばるので、この手袋くらいの生地の厚みが、わたしの地域ではピッタリ。

ポケットに入れたイメージ

アウターグローブとしても良い商品を購入できたと思います。

2回目の使用時は寒かったので実際にレイヤリングしてみました。

保温性は良好。

ちなみに、インナーグローブで使った手袋もレビューしているのでご参照ください。

関連記事:【レビュー】夏・冬ランニングで使えるファイントラックのグローブ体験談

洗濯について

この記事を書いたあと、8回ほど洗濯ネットに入れて洗濯機の通常コースで洗いました。

8回洗濯した後のイメージ
8回洗濯した後のイメージ

ポリエステル製だけあって、 今のところ気になる型崩れやシワはありません。

また、タッチパネル操作も問題なし。

ご参考までに。

まとめ

急な天候変化にも対応できるかを確認したかったので、あえて冷たい雨の中を走ってみました。

防風性があり、雨も容易に浸み込まなかったので安心しました。

間もなくエントリー予定のハーフマラソンで使ってみようと思います。

今回ご紹介の手袋はこちら。

ミズノの防風手袋 32JY9605

冬ランニングの手袋として、厳寒期にはレイヤリングのアウターグローブとしておすすめの手袋です。

関連記事:冬ランニングの防寒手袋おすすめ8選!したままスマホ操作も!

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

「@runninggear1122」と入力しツイートしてくだされば、すぐにフォローさせていただきます(^^♪