【レビュー】ランニングでKarrong充電式LEDヘッドライトを試してみた

仕事終わりのランニングが多いため、暗い中を走ってます。

最近いよいよ視力が落ちてきたので、ついにヘッドライトを購入。

そこで、Karrong充電式LEDヘッドライトについてレビューします。

Karrong充電式LEDヘッドライトとは?

ランニングに使えるヘッドライトが欲しくて、何気にamazonで購入。

 Karrong充電式LEDヘッドライトをamazonで購入したイメージ

付属品はライト本体、ヘッドバンド、USB充電ケーブル、それに説明書。

詳細

サイズ幅67㎜×高さ37㎜×奥行37㎜
重量実測78g
発光色白色、赤色
射光キョリ50m〜150m
材質ABS樹脂、ガラスレンズ

ライト本体のサイズ感

ヘッドライトKarrongのサイズ感イメージ

ライト本体とヘッドバンドの取り付けは、以下のとおりです。

ヘッドライトKarrongのバンド装着イメージ
ヘッドライトKarrongのバンド装着イメージ

ヘッドバンド自体もバックルで着脱できます。

ヘッドバンドの着脱イメージ
ヘッドバンドの着脱イメージ

ランニングでの使用なら、ここを外す必要はあまりないと思います。

頭の大きさによりサイズ調節が可能。

ヘッドライトKarrongのバンドのサイズ調整イメージ
ヘッドライトKarrongのバンドのサイズ調整イメージ

もちろんストレッチ性です。

ヘッドライトKarrongのバンドのストレッチ性イメージ
ヘッドライトKarrongのバンドのストレッチ性イメージ

バンド込みの重量は80gでした。

ヘッドライトKarrongの重量イメージ

USB充電のため電池不要で、そのぶん軽い!

ヘッドライトKarrongのUSB差し込み口イメージ
ヘッドライトKarrongのUSB差し込み口イメージ
ヘッドライトKarrongのUSB差し込み口イメージ

USBケーブルの差し込み口に浸水しないよう、通常はフタをしたような状態

ヘッドライトKarrongのUSBが閉まったイメージ
ヘッドライトKarrongのUSBが開いたイメージ

充電の完了はランプが知らせてくれます。

ヘッドライトKarrongの充電中のイメージ
充電中
ヘッドライトKarrongの充電完了のイメージ
完了

ヘッドライトが60度傾きます。

ヘッドライトKarrongが傾いたイメージ
ヘッドライトKarrongが傾いたイメージ

足元を照らすのに便利♪

ライトのパターンは5つ。

ヘッドライトKarrongの5つのライトパターンイメージ
出典:amazon

スイッチ(ボタン)は2つ

ヘッドライトKarrongのスイッチイメージ

センサーについて動画で確認したい場合、下の写真をクリックしてください。

センサーを説明する動画
写真クリックで動画視聴いただけます

このようなライトを付けて、実際に雨の中を走ってみました。

Karrong充電式LEDヘッドライトで走ってみた感想

このライトを付けて走った率直な感想は、「買ってよかった」。

使用感や機能について、不満な点は一つもありませんでした。

むしろ思っていた以上に使いやすく機能的。

何よりライトのオン・オフが「手をかざすだけ」は素晴らしい!

ライトの明るさも適切だと思います。

ライトのパターン①〜④で、暗い中での見え具合を確かめてみました。

ヘッドライトKarrongの5つのライトパターンイメージ
出典:amazon

下の写真は、真っ暗な部屋でフラッシュをたかずに撮ったもの。

真っ暗な部屋の写真イメージ

このように真っ暗な部屋での実験です。

1.5mのキョリから、ライトのパターンごとに本を照らしてみました。

1.5m離れてライトを当てたイメージ
①遠光高光モード
1.5m離れてライトを当てたイメージ
②遠光省電モード
1.5m離れてライトを当てたイメージ
③近光モード
1.5m離れてライトを当てたイメージ
④遠近混合モード

⑤の赤LED点滅モードは、赤いランプが点滅するだけなので省略。

それぞれのライトパターンで見え方にやや違いが。

とはいえ、真っ暗な中でもよく照らされていると思います。

街灯のない所を走るのが随分と楽になりました。

雨の中も全く問題ありません。

防水レベルは、大雨でも大丈夫なIPX6だそうです。

IPとは「International Protection」の略で、防塵性能や防水性能を表し、国際電気標準会議で決められたコード。

「IPX6」は、あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない程度の防水性を表します。

実際にシャワーをあてて防水性を確認

これなら雨も安心♪

苦労した点

ランニングの後、バンドが汗でビチョビチョに。

汗でバンドが濡れたイメージ

洗濯ネットに入れて洗っています。

その際、バンドを取り外すのが少し面倒です。

ヘッドライトKarrongのバンド装着イメージ
ヘッドライトKarrongのバンド装着イメージ

ランニング中に外れないのは助かりますが……。

あと、ニット帽に装着すると、ランニング中にライトがずれ落ちます。

後部のスソを折り曲げ、ずれないようにしました。

ニット帽でヘッドライトKarrongを装着したイメージ

このヘッドライトにニット帽は不向き。

また、長めのツバのキャップだと視界不良に。

深めのキャップでヘッドライトKarrongを装着したイメージ

ライトの重みで、ツバが視界を覆います。

走りに集中できませんでした。汗

まとめ

正直、それほど期待もせず購入したヘッドライト。

思った以上に高性能で使いやすいものでした。

何と言っても電池不要なのと、手をかざすだけで点灯・消灯ができるのは便利。

あと、屋外使用なので雨に強いのも心強い限りです。

ランニングはもちろん、次回の「夜釣り」にも携行したいと思います。

今回ご紹介した商品はこちら。

Karrong充電式LEDヘッドライト

ランニングに限らず、アウトドアや釣り、防災グッズとしても一つ持っておいて損のないおすすめ商品です。