【レビュー】ランニングでサロモンのボトルポーチSENSIBELTを使ってみた

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

ボトルポーチを購入したので、近くにあるダムへの早朝ランを決行。

このとき使ったのが、当サイトでおすすめしているボトルポーチのこちら。

サロモンSENSIBELT 600mボトル付

㊟商品名をクリックしていただくと、ご紹介の商品を直接ご覧いただけます。

このボトルポーチをランニングで使ってみたのでレビューします。

サロモンのSENSIBELT600mlボトル付とはこんなボトルポーチ

「サロモン」とは、1947年にフランス発祥の世界的マウンテンスポーツブランド。

スキーやスノーボードなどアルペン用品に始まり、登山やトレラン(林道や登山道を走るアウトドアスポーツ)用品を数多くリリース。

その高い機能性はもちろん、ヨーロッパブランドらしい洗練されたデザイン性から、ランニング、マラソンでサロモン製品を選ぶ人が急増中。

わたしの場合、ランニングシャツでもサロモンを愛用しています。

サロモンのシャツイメージ
サロモンのシャツイメージ

そんなサロモンのボトルポーチがSENSIBELT 600mlボトル付。

amazonでGREEN GABLESというカラーを購入しました。

サロモンSENSIBELTのイメージ
サロモンSENSIBELTのイメージ

ロゴはリフレクターだと思っていましたが、どうやら違うようです。

専用の600mlボトル付き。

専用の600mlボトルのイメージ
専用の600mlボトルのイメージ
専用の600mlボトルのイメージ

ボトルは三角柱のような形をしています。

フラットな面で腰と接するので、ゴツゴツした硬い感触がありません。

ボトルが腰にあたるイメージ

ボトルのコックを引き上げ、軽く握ると吸水できます。

ボトルのコックイメージ
コックを引き上げたイメージ
ボトルを握ったイメージ

付属のボトルだけでなく、一般的な500mlペットボトルの持ち運びも可能です。

ポーチに500mlペットボトルを入れたイメージ

腰に巻くべルトは、厚くて幅広、裏面にはしっかりとしたマッジクテープが配されています。

ベルトのマジックテープのイメージ
ベルトのマジックテープのイメージ

腰に巻いたときの安定感は秀逸です。

サロモンSENSIBELTを腰に巻いたイメージ
サロモンSENSIBELTを腰に巻いたイメージ

ウエストは最大95㎝くらいまで、対応可能だと思います。

ボトルポーチSENSIBELTの腰周りのサイズイメージ

ベルトを好みの長さでカットできるよう、先端の留め具は着脱できます。

ベルト先端の留め具イメージ
ベルト先端の留め具を外すイメージ
ベルト先端の留め具を外したイメージ

わたしはウエスト78㎝ですが、少し長すぎるので5㎝ほどカットしました。

ベルトをカットするイメージ
ベルトをカットしたイメージ

カット前後の写真を見比べてください。

ベルトカット前の装着イメージ
カット前
ベルトカット後の装着イメージ
カット後

ベルトの先端は内側に入れられます。

ベルト先端を内側に入れたイメージ

トレラン用品などを数多くリリースするだけあって、この辺の仕様はさすがですね。

さらにスマホ(14.8㎝×7㎝)も、問題なく収納できました。

サロモンSENSIBELTとスマホのイメージ
サロモンSENSIBELTにスマホを入れたイメージ
サロモンSENSIBELTにスマホを入れたイメージ

ポケットの内側には、さらに鍵などの小物を入れられるポケットがあります。

内側のポケットに鍵を入れたイメージ

また、小雨ほどの防水性(防水500mm)を備えているようです

その他、詳細はこちら。

ベルトのタイプマジックテープ式
裏地メッシュ
ポケット1つ
専用ボトル
収納可能なボトル容量600ml
ボトルストッパー
リフレクター

こんなボトルポーチを巻いて、まずは近所を少し走ってみました。

サロモンSENSIBELTを初めて使って気づいたこと

ダムまで走る前に、使用感を確かめておきたかったので、近所を少し走ってみました。

そのときのランニングデータがこちら。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

試しに水を500mlほど入れて走ってみました。

ボトルに500mlの水を入れたイメージ

少し雨がぱらつくような天気。

サロモンSENSIBELTを腰に巻いたイメージ

小雨ほどなら防水(防水500mm)できるようなので、スマホをそのままジップポケットに入れて走ることに。

走り始めてすぐに感じたのは、「思ったよりも揺れる!?」なと。

ベルトの締め具合が少し緩かったみたいで、ちょっと締め直しました。

ここで気づいたのが、ポーチを巻く位置の重要性。

巻くのはウエストのクビれた部分、この部分が最も安定します。

ウエストのクビれた部分にボトルポーチを巻いたイメージ
ウエストのクビれた部分にボトルポーチを巻いたイメージ

ボトルの中のドリンクが走るたびにバチャバチャするので、前を歩くご高齢者に少し振り返られることがありました。

これは慣れるしかないでね。汗

2㎞ほど走ったあたりで、少し長めの直線があったので、人生初の走りながら吸水。

ボトルを取り出し、コックを押し上げ、飲み口に口をつけずに吸水。

一応飲めたものの、シャツがかなり濡れてしまいました。

誰にも見られていなかったので良かったです。汗

これにも、ちょっと慣れが必要ですね。笑

その後、ボトルをホルダーに戻そうとしたのですが、うまくいかずに一度立ち止まってしまいました。

ホルダーの角度がイメージと違っていたようで、背面にあるので分かりづらいです。

その後の給水では、何とか走りながら取り出したボトルを、元に戻すことに成功。

初めての使用では、走る前にボトルを何度か出し入れして、操作に慣れておくことをおすすめします。

ボトルを取り出すイメージ

ボトルの扱いにも少し慣れてきた頃、ふとあることに気づきました。

それがこの、ストレッチ性のゴムバンド。

ボトルホルダーのイメージ

わりと短いので、ボトルの角に引っかけておくものだと思っていました。

ボトルストッパーをボトルの角に引っかけたイメージ

わりといい感じに引っかかっています。

ところが、「もしやボトルの飲み口?」と気づいたのです。

正解でした!

ボトルストッパーをボトルのコックに引っかけたイメージ

ボトルがまったく揺れなくなりました。笑

凄い安定感!

近所を走っていて良かったです。

少し雨が降っていましたが、ポケットの中のスマホも何とか大丈夫でした。

当日の写真を撮り忘れたので、スマホを入れてシャワーで濡らしみました。

サロモンSENSIBELTを濡らしたイメージ
濡らしたサロモンSENSIBELTからスマホを取り出したイメージ

表面は水を弾いていますが、内側はやや湿っているような感じ。

濡らしたサロモンSENSIBELTのポケット内側のイメージ

ジッパーフラップがあるなど、つくりは細かいのですが。

ジッパーフラップのイメージ

少しの雨なら対応できそうですが、過度の期待は禁物でしょう。

サロモンSENSIBELTを巻いてのダムまでの早朝ラン

目指すは、あの山のふもとのダム。

ダムがある山のイメージ

当日のランニングデータがこちら。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

データ詳細

日付5月24日
時間5時44分〜
気象条件晴れ、気温18℃、湿度48%、風速1m/秒
キョリ13.49㎞
所要時間1時間18分42秒
ペース5:50分 /㎞
心拍数(bpm)平均148 最大168

ボトルにはポカリスエットを500ml入れました。

ボトルとポカリスエットのイメージ
ボトルにポカリスエット500mlを入れたイメージ

ウエストラインでしっかりとベルト調整。

サロモンSENSIBELTを巻いたイメージ

たまには早朝ラン、いいですね。♪

朝日のイメージ

ダムだけあって、結構な上り坂が続きました。

登坂のイメージ

上り坂でもボトルポーチはしっかりとフィットしてくれ、揺れなどの不快感はありません。

ようやくダムに着きました。

ダムに架かる橋のイメージ
ダムの景色イメージ

早朝のヒンヤリとした空気が、実に気持ちいいです。♪

立ち止まってドリンクを飲んでみました。

ドリンクを飲むイメージ

いいですね!

ポカリが乾いた喉を潤してくれます。♪

少し足を延ばすだけで、こんなに素晴らしいランニングスポットがあるとは!

ダムの景色イメージ

この後も、走りながらチョイチョイ給水しましたが、回数を重ねるごとに慣れてきます。

走っているときのポーチの様子を自撮りしてみました。

走りながらの自撮りなので分かりづらいとは思いますが、ベルト部分はウエストにしっかりとフィットし、上下に揺れていないのがご覧いただけると思います。

自宅近くに戻ってきたときは、ボトルがすっかり空になっていました。

ボトルが空になったイメージ

ダムまでは思ったよりも近かったので、500mlのドリンクで十分すぎるくらいでした。

ちなみに走ったあと、ポーチは汗まみれに。

もう何度か洗濯ネットに入れて洗っていますが、今のところ色落ちや型崩れはありません。

数回洗ったサロモンSENSIBELTのイメージ
数回洗ったサロモンSENSIBELTのイメージ

ご参考までに。

最後にマル秘情報

実はお伝えしていないことが一つだけあります。

それは、ボトルポーチを初めて使ったとき、お腹を下してしまい、公園のトイレに駆け込んだこと。汗

はた目から見ると、内股でかなりおかしな走りになっていたと思います。笑

ランニング中の給水と、ボトルに入れたドリンクで腰まわりが冷やされることで、お腹がゆるくなったようです。

この経験から、「次のランではポーチにティッシュをしのばせておこう!」と思っていたのに、すっかり忘れてしまいました。

それが、今回のランでも同じような状況に。苦

何とか落ち着いてくれたので助かりましたが、とんでもない状況に陥っていた可能性も。冷

同じ轍を踏まないよう、今の内からポケットティッシュを入れておきます。笑

SENSIBELTとポケットティッシュのイメージ

まとめ

いつものランニングコースを離れ、お気に入りの場所を走るのは最高に楽しいです。♪

一時間ちょっとのランニングでしたが、「日常からのポジティブエスケープ」といった感じ。

日々の喧騒から離れ、特別な時間を過ごせたような気がします。

自宅に戻っての朝シャワーの気持ちいいこと。♪

この日は一日中、心も体も爽快に過ごせました。

ドリンクを携行したプチラン、すっかりハマりそうです。

お気に入りスポットをもっと見つけて、これからも積極的にランニングを楽しもうと思います。

今回レビューしたボトルポーチがこちら。

サロモンSENSIBELT 600mボトル付

ランニングのおともにオススメです。

関連記事:ランニングで揺れないボトルポーチおすすめ8選!飲み物はこれでOK

おすすめ記事:【超得ダネ】ランニング本はaudibleがおすすめ!Amazonオーディオブック無料ゲット!

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

「@runninggear1122」と入力しツイートしてくだされば、すぐにフォローさせていただきます(^^♪