【レビュー】ランニングでタビオのレーシングランソックスをはいてみた

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

長いこと使ってきた、タビオのソックスが少しくたびれてきたので、新しいソックスを買い足しました。

それがこちら。

ランニングで5本指ソックスは初めてでしたが、色々と気づきがあったのでレビューします。

タビオのレーシングラン五本指ソックスとはこんな靴下

大阪に本社を置く靴下専業メーカーのタビオ株式会社による、手作り感覚にこだわった靴下ブランドが「タビオ」。

そんなタビオの、走ることに特化したソックスが「レーシングラン」シリーズ。

普段のトレーニングからレーシング用まで、用途やレベルに応じた5種類のラインナップがあります。

タビオレーシングランシリーズ5種類のイメージ
出典:Tabio

今回わたしが購入した「レーシングラン五本指」は、5種類のうち最も初級者向けモデルのようです。

普段のトレーニングやフルマラソン、トレランなど幅広い用途に対応可能と説明されています。

靴下専業メーカーのランニングソックスはやっぱり違う!

これまで使ってきたタビオのソックスは、もう何年も前にスポーツ用品店で見かけて、何となく購入していたもの。

ランニングが習慣になる前から、ちょっとした山登りやジョギングなどに使っていました。

五本指ではない普通のタイプで、かれこれ3年半は履いていると思います。

いまだに履いていますが、破れそうな箇所は一切見当たりません。

これまで使用したタビオのレーシングラン

滑り止めのシリコンラバーもまだ健在。

レーシングランのシリコンラバーイメージ
レーシングランのシリコンラバーイメージ

以前はランニング用ではない、普通の靴下で走ることもしばしば。

そんな日は、擦り減った靴下の繊維が足に付着し、風呂で最初のお湯をかぶったとき流されていくのをよく見かけました。

ただ、タビオのソックスにはそれが一度もなかったので、「この靴下すげぇ!」とは薄々感じていたのです。

強いて言うなら、あまりに丈夫すぎて「買い替えの必要性を感じさせない」のが、デメリットと言えるかもしれません。汗

しかし、今回ようやく買い足すことに。

レーシングラン五本指ソックスの感想

今回はamazonで購入。

レーシングラン五本指がamazonから届いたイメージ
レーシングラン五本指のイメージ

名称は「レーシングラン五本指」。

レーシングラン五本指イメージ

特許取得済みのアーチサポート機能や通気性など、機能的なソックスです。

レーシングラン五本指の説明書きイメージ

素材に綿(コットン)が43%も含まれているのは意外でした。

レーシングラン五本指のタグイメージ

ちなみに、ランニングウェアなどに、43%も綿が含まれることは少ないと思います。

綿は汗を吸収しやすいものの、乾かしにくいといった難点があるからです。

たとえば、汗で濡れたシャツはベタッと肌に張り付いて、気持ち悪いし冷えるしで、よくありません。

なので「綿がこんなにも!」と一瞬思ったのですが、そのぶん36%含まれた速乾性の高いポリエステルがカバーするのでしょう。

さらに、デオセルというニオイの元になる雑菌を抑える糸も織り交ぜた、高機能タビオオリジナル糸という独自素材のようです。

3年ほど前の「レーシングラン」と現在の「レーシングラン五本指」を履き比べてみた

レーシングランとレーシングラン五本指のイメージ

履きくらべてすぐに感じたのが、「レーシングラン五本指」の通気性のよさ。

足の甲に大きめのメッシュがあるので通気性抜群!

レーシングラン五本指のメッシュイメージ

この通気性は夏場にもってこいですね。

あと、五本指はちょっと履きづらいです。

ただ履いてしまうと、立体構造なので指が包み込まれているような感じがします。

フィット感を高めたり、ズレを抑えたりするために、かかと面積を大きくするためのYヒールという仕様。

レーシングラン五本指のYヒールイメージ

また、どちらのソックスも、土踏まずをギュッと上に押し上げるようなアーチサポートを備えます。

しかし、これについては以前から使っている「レーシングラン」の方が、かかとの締め付けが強い気がします。

これは素材の違いからくるものかもしれません。

今まで履いてきた「レーシングラン」とは、少し違った点もあるようです。

レーシングラン五本指で走った感想

このソックスでもう何度か走っています。

つい先日も10㎞ほど走ってみました。

ランニングデータ
ランニングデータ
ランニングデータ

当日は6月初旬にもかかわらず、夕方5時でも23℃で日差しガンガンでした。

ランニングコースのイメージ

メッシュが大きいので通気性は最高です。

レーシングラン五本指の甲側イメージ

やはり以前からの「レーシングラン」にくらべると、圧倒的に通気性に優れています。

それに五本指なので、しっかりと蹴れているような感覚がありました。

タイムはいつもと変わりませんが。汗

足底のシリコンラバーのグリップ力は、以前のソックスと大差ないように思います。

とはいえ、新しくなったぶん、しっかりとしたグリップ感が伝わってきました。

レーシングラン五本指を履いて走るイメージ

やはり、ソックスも定期的に買い替えた方がいいですね。♪

今回のソックスは質感的に、「少し滑りやすいかな」と思っていたのですが、まったく問題ありませんでした。

少し弱めに感じたアーチサポートも、これといった不満はありません。

10㎞を走り終えたあと、シューズ内はそんなにムレていませんでした。

走り終えたあとのレーシングラン五本指のイメージ

少しは欠点もお伝えしたいところですが、これといった気になる点は本当に見当たりませんでした。

今回も数年は使えそうな感じです。

まとめ

やっぱり、専業メーカーというのは強いですね。

しっかりとした技術のもと、緻密に作り込まれているといった印象。

メッシュが大きいので、そのぶん耐久性に心配もあったのですが、少々のことで破れたりしそうにありません。

タビオは今回で2足目ですが、他のレーシングランのレビューを見ていても、品質に間違いはないと思います。

ご紹介のソックスはこちら。

「五本指はちょっと」という場合、こちらがオススメです。

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

関連記事:夏ランニングにおすすめソックス5選!足元のムレ対策はこれ!