【レビュー】ランニングでツータイムズユー (2XU)ランバイザーをかぶってみた

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

いつもはキャップで走っていますが、本格的な夏の到来を前に、頭を覆わないサンバイザーを試してみたくなりました。

そこで、購入したのがこちら。

ツータイムズユー (2XU)ランバイザーUQ5686F【男女兼用】

㊟枠の中の商品名をクリックしていただくと、ご紹介の商品を直接ご覧いただけます。

サンバイザーで走ってみると、キャップとは違ったメリットが沢山あったのでレビューします。

ツータイムズユー(2XU)とはこんなブランド

ツータイムズユー (2XU)は、オーストラリアで2005年に創業したスポーツウェアブランド。

有名どころはコンプレッションタイツで、スポーツ用品店でもよく見かけるようになりました。

ツータイムズユーのハーフタイツイメージ
出典:amazon
ツータイムズユーのロングタイツイメージ
出典:amazon

このタイツが評価される理由として、独立した評価機関による化学的検証のもと、商品開発を繊維レベルから行うことで、高いクオリティーを実現した点にあります。

このようなこだわりブランド「ツータイムズユー」の、サンバイザーを購入してみました。

ランバイザーUQ5686Fはこんなサンバイザー

amazonで蛍光イエローのようなカラーを選びました。

amazonからサンバイザーが届いたイメージ
ランバイザーUQ5686Fのタグイメージ

このサンバイザーの詳細。

カラー6色
サイズフリーサイズ(内周り55㎝)
素材構成ナイロン100%

フリーサイズ一択ながら、サイズ的に何の問題もありませんでした。

ランバイザーUQ5686Fをかぶったイメージ
ランバイザーUQ5686Fをかぶったイメージ
ランバイザーUQ5686Fをかぶったイメージ

ちなみに、わたしの頭のサイズ(頭囲)は58㎝ジャスト。

内周り55㎝と表記されていますが、アジャスターを緩めると、頭囲62㎝までなら問題なくかぶれそうです。

ランバイザーUQ5686Fのアジャスターイメージ
通常
ランバイザーUQ5686Fのアジャスターを緩めたイメージ
緩めたとき

ちなみに、頭のサイズ(頭囲)は、額から耳の付け根の上をとおり、後頭部の最も出っ張った部分を囲んだ長さになります。

頭囲の測り方イメージ

かぶり心地については、期待以上ではありませんでした。

というのも、アジャスターも含め生地にストレッチ性がないため、かぶったときに少し硬い印象を受けるから。

生地を伸ばしているイメージ

走っているときのフィッティングがやや気になります。

とはいえ、全体的に幅広なつくりで接触面が大きく、安定感は悪くないのですが。

ナイロン製のため、水ハケはわりといいみたいです。

ランバイザーUQ5686Fにシャワーをあてたイメージ

ただ、撥水まではいきません。

アジャスターはマッジクテープ式なので、細かなさサイズ調節が可能です。

ランバイザーUQ5686Fのアジャスターイメージ
ランバイザーUQ5686Fのアジャスターイメージ

また、アジャスター先端にロゴの入ったタグが付けられています。

ランバイザーUQ5686Fのアジャスターのタグイメージ
ランバイザーUQ5686Fのアジャスターのタグをグローブをしたままつまんだイメージ

このタグがあるので、マジックテープに干渉することなくアジャスターを調節でき、グローブをつけたままでの操作も容易です。

前面やツバ、アジャスターのロゴは、リフレクターではないのでご注意ください、

リフレクターが反射していないイメージ
リフレクターが反射していないイメージ

暗い中フラッシュをたいて撮影しましたが、全く反射していません。

額や頭と接する内側には、汗をよく吸収してくれそうな生地が配されています。

ランバイザーUQ5686Fの裏地イメージ
ランバイザーUQ5686Fの裏地イメージ

ツバの長さは7㎝と、顔の紫外線対策としても問題ないでしょう。

ランバイザーUQ5686Fのツバのイメージ

ちなみに、ツバの長さが7㎝あると、顔への紫外線を60%以上防げるそうです。

こんなサンバイザーをかぶり、走ってみました。

風の強い日中に走ってみた感想

当日のランニングデータが下記になります。

データは「ガーミン・instinct」によるもの。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

データ詳細

日付5月2日
時間13時08分〜
気象条件曇り、気温25℃、湿度61%、風速5m/秒
キョリ8.38㎞
所要時間44分31秒
ペース5:19分 /㎞
心拍数(bpm)平均163 最大173

まず、いつものキャップと大きく違うのが頭の解放感!

キャップで走ると、走り始めから心拍数の上がり切る約10分までは、頭部が暑苦しく感じます。

それが、サンバイザーではほぼありません。

次に感じたのは、風への抵抗力。

キャップであれば、思わず手で押さえてしまいそうな突風があったにもかかわらず、サンバイザーではその必要がありません

ランニングコースが海辺で、普段からよく風が吹くため、風の強い日には重宝しそうです。

とはいえ、キャップと違ってサンバイザーは頭を覆わないぶん、頭部の直射日光は防げません

キャップが頭を覆ったイメージ
サンバイザーが頭を覆わないイメージ

もう少し日差しの強い中で、長時間さらされたときにどうなるかは実証が必要です。

もちろん雨の日は、頭がずぶ濡れになってしまうので、サンバイザーの使用は避けようと思います。

さらに、サングラスとの相性も抜群でした。

サングラスをかけたときのサンバイザーのイメージ

サンバイザーのサイドが耳に干渉しないため、サングラスの邪魔になりません

少し心配だったのが、ストレッチ性がないこと。

走ったときに揺れたり、バタついたりするのが嫌でした。

ただ、フィッティング性の低さからくる揺れやバタつきはなく、強風のわりに終始安定していたように思います。

当日は気温25℃と、ここ最近で一番の暑さ。

走り終えたあと、このような状態に。

走り終えたあとのサンバイザーのイメージ
走り終えたあとのサンバイザーのイメージ

大量の汗で、ツバの先の方まで濡れています。

全体的に幅広なつくりで、その裏地の全てに吸水性の高い生地が配されているぶん、汗もよく吸収してくたようです。

サングラスをかけていたものの、額からしたたる汗はそれほど気になりませんでした。

トライアスロン製品などを多くリリースする「ツータイムズユー」だけあって、サンバイザーも概ね良好な感触でした。

まとめ

これまでキャップばかりでしたが、レパートリーを増やすといった意味で、サンバイザーの購入は正解でした。

キャップとサンバイザーを、天候によって使い分けるのもいいと思います。

あと、サンバイザーはスタイリッシュなので、車の運転や夏場のレジャーにも使えそうです。

今回、レビューしたサンバイザーはこちら。

ツータイムズユー (2XU)ランバイザーUQ5686F【男女兼用】

紫外線を気にしながらも、キャップのムレが気になるような場合、一つあると便利です。

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

おすすめ記事:【超得ダネ】ランニング本はaudibleがおすすめ!Amazonオーディオブック無料ゲット!

関連記事:夏ランニングのサンバイザーおすすめ8選!効果とかぶり方も解説!