ノースフェイスのGTDキャップ/ライトメッシュをランニングで試した

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

当サイトで深め・大きめのランニングキャップとしてご紹介している、ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771を実際にかぶってみたのでレビューします。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥3,749 (2021/10/18 21:07:53時点 Amazon調べ-詳細)

ザ・ノース・フェイスGTDキャップNN41771とは?

一見、よくある「浅め」のランニングキャップ。

しかし実際にかぶってみると、頭の奥までスッポリと包み込まれるような印象。

形状もさることながら、ストレッチ性の生地やゴムアジャスターによるところも大きそうです。

生地のストレッチ性
生地のストレッチ性
アジャスターのストレッチ性
アジャスターのストレッチ性

機能性は多岐にわたり、サングラス着用を意識したサイドラインの加工や、UVカット機能など申し分のない高機能キャップ。

ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771のサイドラインのイメージ
ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771のUVカット率のタグ

M・Lの2サイズから選べるのも嬉しいポイントです。

商品詳細

サイズ 2サイズ(M:ツバ7㎝×高さ9㎝×内回り58㎝ L:ツバ7㎝×高さ9㎝ ×内回り60㎝)
カラー 11色
素材構成 ポリエステル100%/RDT(TM)ライトメッシュ
リフレクター あり
アジャスターあり
メッシュ あり(ライトメッシュ)
汗止め あり
備考 UVカット率85%以上

わたしは頭囲58㎝ジャストで、Mサイズを購入しました。

ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771のタグのイメージ

ちなみに頭のサイズは、おでこと後頭部の最も出っ張った部分を測ってください。

頭囲の測り方イメージ

こんなキャップを実際にかぶり、走ってみた感想をお伝えします。

ザ・ノース・フェイスGTDキャップNN41771を3回かぶった結果

恥ずかしくてあまり公表したくないのですが、詳細が分かるように細かいデータを掲載しております。

1回目

1回目のランニングデータ
1回目のランニングデータ
1回目のランニングデータ

データは「ガーミン・instinct」によるもの。

関連記事: ランニングウォッチの「ガーミン・instinct」を使ってみた

データ詳細

日付 1月19日
時間11時15分〜
気象条件 曇り、気温10℃、湿度67%、風速6m/秒
キョリ 11.92㎞
所要時間 1時間05分41秒
ペース 5.31分 /㎞
心拍数(bpm)平均156 最大170

感想

しなやかなニット素材のかぶり心地と、フィット感に気分も高揚。

ランニングコースが海辺なので普段から風はあるものの、当日は風速 6m/秒とかなりの強風。汗

瞬間的な突風で、キャップは一瞬あおられるものの、吹き飛ばされる感じは無し。

「深め」もさることながら、ツバ(バイザー)の付け根にやや可動性があり、これがうまく風を逃がしている印象。

ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771のツバの可動性イメージ
ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771のツバの可動性イメージ

やはりフィット感は秀逸です。

当日は気温10℃と、寒さはそれほとでもありませんでした。

そのせいか、走り始めて心拍数の上がりきる13分間は、キャップ内側がやや熱い感じ。汗

ただ、ライトメッシュで通気性がよく、吸汗速乾性を備えるため、その後は徐々に落ち着いてきました。

とはいえ、しっかりとフィットするせいか、通常のキャップよりもやや内側が熱い気が……。

ときおり雲のすき間から強い日ざしがあったものの、UVカット機能があるので安心。♪

また、ツバ(バイザー)裏のカラーが黒なので、まぶしさを軽減する効果もあるようです。

余談ですが、抜け毛が気になってキャップをかぶらない人もいます。

しかし、頭皮への紫外線を避けるために、UVカット機能のキャップは有効です。

と、色々気づいたものの、本日このキャップをかぶった最大のメリットは、何と言っても「強風対策」にあったと思います。

深くかぶれ、しっかりフィットするので、脱げる心配をせずにストレス無くランを楽しめました。♪

2回目

2回目のランニングデータ
2回目のランニングデータ
2回目のランニングデータ

データ詳細

日付 1月21日
時間 20時23分〜
気象条件 晴れ、気温8℃、湿度69%、風速2m/秒
キョリ 8.43㎞
所要時間 45分05秒
ペース 5.21分 /㎞
心拍数(bpm) 平均154 最大180

感想

仕事帰りにランコースへ直行、今回は夜ランです。

GTDキャップは折りたたんで持ち運べるパッカブル仕様。

朝のうちから仕事用カバンの内ポケットにしまっておきました。

折りたたんだGTDキャップNN41771のイメージ
カバン内ポケットにしまったGTDキャップNN41771のイメージ

コンパクトに収納できると、いつでもどこでもランを楽しめます。♪

ランニング中やその後でキャップをぬぎたくなったときも、すぐにポケットにしまえて便利。

ポケットに入れたGTDキャップNN41771のイメージ

本日のコースは公園の外周で、車を気にする必要はないものの、走る人が沢山。

特に自分とは反対回りに走っていた人には、これが役に立ったのかなと思います。

ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771のリフレクターのイメージ

リフレクターがあると、暗くても第三者から気づかれやすいので安心。

ゴムチップ舗装の走りやすいコースなので、腕振りを意識しました。汗

へっぽこランナーのため、疲れてくると余計にムダな上下運動が……。

そんな状況でも、このキャップは吸い付くようにフィットしてくれ、頭部は何も問題なし。

問題なのは「自分自身の走り」だけでした。汗汗

ただ、気になった点が一つ。

ランニング中、頭が少し熱くなってきたタイミングで、一度アジャスターをゆるめました。

すると、おさまっていたバンドがブランブランと揺れること。

アジャスターのイメージ
アジャスターのイメージ

これまでのキャップはマッジクテープのアジャスターばかりだったので、このブランブランは初体験。

とはいえ、走り続けるとそれ程気になることもなくなりました。

総体的には、いつもより腕振りを意識したランでも、ナイスなフィット感を担保してくれたキャップに感謝です。♪

3回目

3回目のランニングデータ
3回目のランニングデータ
3回目のランニングデータ

データ詳細

日付 1月23日
時間 17時57分〜
気象条件 雨、気温15℃、湿度93%、風速2m/秒
キョリ 10.93㎞
所要時間 1時間02分41秒
ペース 5.44分 /㎞
心拍数(bpm) 平均155 最大168

1月にもかかわらず気温15℃と、春先のように暖かい一日で、ときおり小雨が。

派手なメッシュはないので、雨が直接侵入することもありません。

雨に加え、気温も湿度も高かったので、大量の汗をかきました。

にもかかわらず、それ程ビショビショ感もなく、わりとサラッとした感じ。

もとは37.6gのキャップ。

GTDキャップNN41771の重量

帰ってすぐに重量を測ってみると67.6gに。

GTDキャップNN41771のランニング後の重量

30gの増量と、雨と汗を含んだわりにそれほど増えていません。

これは、吸汗速乾性で乾きやすさが影響したものか。

ちなみに、別の日のデータとなりますが、室温17℃湿度51%で部屋干しを実行。

インパルスレーシングジャケットの室内干しイメージ

ものの3時間ほどで、だいたい乾いていました。

本日は気温15℃と1月にしては高めだったものの、キャップ内側に不快感はなく、かぶり心地の良さも相変わらず。

オールシーズンで使えそうな手応えを感じたランでした。

まとめ

今回の「GTDキャップNN41771」は、かぶり心地や機能性からみて、一押しのランニングキャップと言えます。

今後ヘビロテ間違いなし。

お値段は高めですが、その価値は十分にあると思いました。

今回ご紹介のキャップはこちら。

ザ・ノース・フェイス GTDキャップNN41771

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥3,749 (2021/10/18 21:07:53時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:ノースフェイスのランニングキャップ人気6選!サイズ感までチェック!

関連記事:【2021年】ランニングにおすすめキャップ23選 | メンズ・レディース

関連記事:ランニングでおすすめな音楽の聴き方!プレーヤー要らずスマホで聴ける!

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

「@runninggear1122」と入力しツイートしてくだされば、すぐにフォローさせていただきます(^^♪