購入前必見!ナイキのフェザーライトキャップをランニングで試した

「ランニングギア取説」の運営者タツヤです。

当サイトで、ナイキのおすすめランニングキャップとして、ご紹介しているのがこちら。

㊟枠の中の商品名をクリックしていただくと、ご紹介の商品を直接ご覧いただけます。

ナイキ(NIKE) ラン フェザーライト キャップ AR1998 010 ブラック/Rシルバー MISC

このキャップを実際にかぶり、走ってみたのでレビューします。

ナイキのフェザーライトキャップAR1998とはこんなキャップ

2020年の東京マラソンで、日本記録をぬりかえた大迫傑選手がかぶっていたキャップと似たタイプ。

ナイキのDRI-FITによる、AeroBillテクノロジー搭載モデル。

ナイキのDRI-FITのイメージ
AeroBillテクノロジーのタグイメージ

「DRI-FIT」とは、マイクロファイバーポリエステルといわれる、毛髪の1/100ほどのポリエステルを採用したナイキ製品に冠されています。

この素材は汗をよく吸収し、その汗を重力に関係なく、表面へと移動させ蒸発させるのが特長。

また「AeroBillテクノロジー」とは、DRI-FITのような吸汗速乾性素材による製品を、軽量化する技術を言うようです。

つまり、汗の乾きやすさと、軽さが売りのキャップ。

そこでまず、フェザーライトキャップの重量を確かめてみました。

フェザーライトキャップの重量イメージ
フェザーライトキャップAR1998

58.7gでした。

他のキャップと比較してみることに。

ミズノソーラーカットキャップの重量イメージ
ミズノソーラーカットU2MW9002
ノース・フェイスGTDキャップの重量イメージ
ノース・フェイスGTDキャップ
アールエルTRC181Mの重量イメージ
アールエルTRC181M

58.7gはむしろ一番重いくらい。

ただ、よく観察してみると、フェザーライトキャップのフロントパネルは、生地が2重になっていました。

フロントパネルの生地が2重になったイメージ

これは、比較した他のキャップにはない特徴です。

そのぶん重量に反映されてしまったとしても、この箇所を2重にする意味があるのでしょう。

2重になったフロントパネル内側には、レーザー加工による微細な通気孔が設けられています。

微細な通気孔イメージ

他にも、外部とつながった通気孔が4か所あります。

外部と通じた通気孔イメージ

これらの通気孔が、内側のムレを緩和するのに役立つようです。

また、直接雨が侵入するような孔ではないので、雨の日のキャップとしても使えそうな感じ。

軽量化のため、ツバの芯材が型抜きされています。

ツバの表側イメージ
表側
ツバの裏側イメージ
裏側

アジャスターはマジックテープ式で、細かいサイズ調整が可能。

アジャスターのマジックテープイメージ
アジャスターのマジックテープイメージ

しっかりとした太めのマジックテープで、表面には複数の円形の型抜きがされ、つまみにはロゴの入ったタグが配置されています。

ツバは幅広で長さが7㎝あるため、顔の紫外線対策としても問題なさそうです。

ツバの長さイメージ

ちなみに、ツバの長さが7㎝あると、顔正面の紫外線を60%以上カットすると言われます。

ロゴやツバのパイピング部、アジャスター先端のタグは全てリフレクターです。

リフレクターのイメージ
リフレクターのイメージ
リフレクターのイメージ

ほぼ360度リフレクターが付いているので、暗い中でももかなり目立つでしょう。

リフレクターのイメージ
リフレクターが反射するイメージ

注意すべきは、平置きで形状をキープできない点。

平置きで形状をキープできないイメージ

柔らかくフニャッとした生地で、ベースボールキャップのような、カチッとしたタイプではありません。

フェザーライトキャップの詳細は下記になります。

カラー2色
サイズフリーサイズ(頭囲54㎝〜61㎝)
素材構成ポリエステル100%

このようなキャップをかぶり、実際に走ってみました。

気温の上がった日中に走ってみた

いつも夕方以降に走ることが多いので、気温の高めな日中にフェザーライトキャップをかぶってみました。

当日のランニングデータが下記になります。

データは「ガーミン・instinct」によるもの。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

データ詳細

日付5月17日
時間14時36分〜
気象条件曇り、気温23℃、湿度82%、風速2m/秒
キョリ8.38㎞
所要時間42分48秒
ペース5:07分 /㎞
心拍数(bpm)平均164 最大171

フェザーライトキャップは白黒の2色で、選んだのは黒です。

わたしの頭のサイズ(頭囲)は58㎝で、かぶってみた感じサイズ的に問題ありません。

フェザーライトキャップをかぶったイメージ
フェザーライトキャップをかぶったイメージ
フェザーライトキャップをかぶったイメージ

ツバの額部分の芯材が型抜きされているため、かぶったときに硬い感触がないのがいいです!

ただ、かぶり心地はやや浅めなので、強風の日はキャップが飛ばされないか心配です。

この日は、午前中に少し雨が降ったので湿度が高く、午後から日差しが強くなり、気温以上に暑く感じました。

フェザーライトキャップをかぶって走るイメージ
フェザーライトキャップをかぶって走るイメージ

本当は10㎞走るつもりでしたが、あまりの蒸し暑さに8㎞ほどで断念。汗

フェザーライトキャップには、外部と直接つながった通気孔が少ないので、頭の熱さやムレ具合を確かめるにはベストなタイミングでした。

走り始めは頭が蒸し暑く感じましたが、心拍数の上がり切る10分後くらいには、その感覚は気にならなくなっていました。

走り終えたあと、このような状態に。

走り終えた直後のイメージ
走り終えた直後のイメージ

汗は大量にかいたものの、内側のムレはそれほど気になりませんでした。

スーと抜けるような通気性は感じなかったものの、DRI-FITによる吸汗速乾の効果なのかもしれません。

キャップ全体や内側の汗止めバンドが、汗をよく吸収してくれました。

走り終えた直後のフェザーライトキャップのイメージ
ランニング後のキャップ
走り終えた直後のフェザーライトキャップのイメージ
ランニング後の汗止めバンド

ちなみに、自宅に戻って重さを測ってみると、34gほどの汗を含んでいました。

走り終えた直後のフェザーライトキャップの重量イメージ

なかなかの給水力です。

あと、ツバが幅広で長めな点も気に入りました。

日差しの強い日中は、いつもサングラスをかけて走ります。

この日はサングラスをかけませんでしたが、長めのツバがしっかりと視界を確保してくれました。

風の強い日にフェザーライトキャップAR1998をかぶってみた

ランニングコースが海辺ということもあり、この日はかなり強い風が吹いていました。

フェザーライトキャップをかぶったイメージ
ランニングコースのイメージ

フェザーライトキャップはやや浅めなので、強風の中を走って感触を確かめてみました。

当日のランニングデータが下記になります。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

データ詳細

日付5月19日
時間18時05分〜
気象条件曇り、気温20℃、湿度58%、風速5m/秒
キョリ10㎞
所要時間51分14秒
ペース5:07分 /㎞
心拍数(bpm)平均157 最大171

この日は風速5m/秒とのことでしたが、実際にはもう少し強い風が吹いていたと思います。

走り始めると時おり、突風が吹きつけました。

飛ばされることはないものの、やはりキャップはあおられます。

これまでかぶってきたキャップとくらべ、あおられ感はやや強い感じ

3回ほどあおられた後、アジャスターを少し絞り、フィッティングを強めました。

走りながら、グローブをつけたままの操作でしたが、アジャスターのタグがつまみやすく、ストレスなく行えました。

アジャスターの先端にタグの付いたキャップは初めてだったのですが、これはかなり使えますね。

アジャスターのタグイメージ

他のキャップでは、グローブがマジックテープにくっついてしまい、ストレスになります。

サイズ調整したあとは、反射的に手でキャップを押さえてしまうようなあおられ感がなくなり、ストレスなく最後まで走り切りました。

頭の形状に合わせたフィッティング性が、浅めのつくりを多少カバーしてくれます。

風があっても、何とか対応できそうなので安心しました。

とはいえ、あえて強風の中、このキャップで走ることはないと思いますが。

まとめ

別の日に雨の中、このキャップで走ってみました。

思った通り、内側に雨を侵入させず、濡れ冷えしないのは素晴らしい!

スキマだらけのメッシュキャップであれば、通気性は高くなるものの、雨の日は頭がビチョ濡れになってしまいます。

そういった意味で、フェザーライトキャップは、外部に通じた通気孔がほどんどないにもかかわらず、優れた吸汗速乾性を備えた点は秀逸です。

あと、幅広で長めなツバが、雨の中でも視界をしっかりとキープしてくれます。

また、手持ちのランニングキャップで、普段着と合わせられるのは、今のところこのキャップだけ。

そういった意味で、機能性とデザイン性を兼ね備えたキャップは、それほど多くないと思います。

今回ご紹介のキャップはこちら。

フェザーライトキャップAR1998 

㊟枠の中の商品名をクリックしていただくと、ご紹介の商品を直接ご覧いただけます。

夏場の暑さや紫外線対策、また雨の日のキャップとしてもオススメ。

ただ、かぶり心地がやや浅めな点にご注意ください。

関連記事:ナイキのおすすめランニングキャップ8選!大迫傑ばりにかぶりこなそう

関連記事:ナイキ(NIKE)のおすすめランニング半袖シャツ10選!【メンズ】