【レビュー】ランニングでヘイロヘッドバンドH0002を試してみた

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

当サイトで、額の汗をしたたらせないヘッドバンドとして、ご紹介しているのがこちら。

ヘイロ(Halo)ヘッドバンドH0002【男女兼用】

このヘッドバンドをランニングで使ってみたのでレビューします。

ヘイロ(Halo)ヘッドバンドH0002の特長

ランニングで「ヘッドバンド」というと、前髪を押さえるためのものや、額の汗を吸収してくれるものをイメージしがち。

ただ、ヘイロヘッドバンドは、そんなイメージとは少し違っています。

最大の特長は、額にしたたる汗を「左右に逃す」といった点。

それを可能とするのが、特許を取得している「スウェットブロック・シール」と呼ばれる、内側にある長さ約20㎝の黄色いシリコンゴム。

ヘイロヘッドバンドのシリコンゴムのイメージ
ヘイロヘッドバンドのシリコンゴムのイメージ

スウェットブロック・シール(シリコンゴム)は、額部分に配されています。

このシリコンゴムが額に密着することで、したたる汗をストップし、かつ左右に逃すという仕組み。

シリコンゴムを伝う汗の流れイメージ

さらに、バンドの生地には吸汗速乾性があるため、吸収した汗を素早く乾かす効果も期待できるようです。

つまり、ランニングでヘイロヘッドバンドを使うメリットがこちら。

  • 額の汗をブロックし左右に逃すことで、汗が目に入らない
  • 額や頭部の汗を吸収し乾かすことで、したたる量を軽減

このような特長のあるヘッドバンドです。

ヘイロ(Halo)ヘッドバンドH0002の印象

amazonでネイビーブルーを購入しました。

ヘイロヘッドバンドがamazonから届いたイメージ
ヘイロヘッドバンドのイメージ

同ブランドから15種類の製品がリリースされているようです。

わたしの購入したプルオーバータイプ(マッジクテープなどがなく頭からかぶるタイプ)が、最も人気とのこと。

平置きで24.5㎝なので、バンドの全長は49㎝。

ヘイロヘッドバンドの平置き長さイメージ

わたしの頭囲は58㎝ですが、締めつけが強くも弱くもなく、ほどよいフィット感だと思います。

ヘイロヘッドバンドをつけたイメージ
ヘイロヘッドバンドをつけたイメージ

バンドはストレッチ性が高くよく伸びます。

通常のヘイロヘッドバンドイメージ
伸ばしたヘイロヘッドバンドイメージ

頭のサイズ(頭囲)64㎝くらいまでなら、対応できそうです。

フリーサイズのみで、細かくサイズを選ぶことはできません。

形状としては、頭の真後ろにくる部分の幅が2.5㎝で、額部分は少し広めな5㎝となります。

ヘイロヘッドバンドの幅イメージ
ヘイロヘッドバンドの幅イメージ

生地の質感としては、裏表ともにスベスベとした触り心地。

ヘイロヘッドバンドの質感イメージ

額や耳の付け根など、肌と直接触れ合う部分に嫌な感じはありません。

また、銀イオン加工による、抗菌防臭効果を備えるようです。

シリコンゴムについては、1.5㎜ほどの厚さ。

シリコンゴムの厚さイメージ

シリコンゴムは柔らかく、額にくい込むような不快感もなかったので安心しました。

ヘイロヘッドバンドH0002を初めて使ったときの感想

いつも走るのは10㎞ほどですが、汗の感じを確かめたかったので、少し長めに走ってみました。

当日のランニングデータが下記になります。

データは「ガーミン・instinct」によるもの。

ランニングデータイメージ
ランニングデータイメージ
ランニングデータイメージ

データ詳細

日付5月3日
時間17時35分〜
気象条件曇り、気温20℃、湿度89%、風速6m/秒
キョリ16.59㎞
所要時間1時間30分08秒
ペース5:26分 /㎞
心拍数(bpm)平均154 最大170

いつもキャップをかぶるのですが、この日はサングラスにヘッドバンドという組み合わせ。

この日の気温は20℃で、キャップだと4・5回は額の汗をグローブでぬぐっていた思います。

この日については、4回ほど額の汗をぬぐいました。

走り終えたあとの状態がこちら。

走り終えたあとのイメージ
走り終えたあとのイメージ

写真ではわかりづらいかもしれませんが、意外に目元まで汗がしたたっています。

顔にしたたる汗の感じは、「いつものキャップと大差ない」といった印象でした。

ヘイロヘッドバンドH0002を何度か使って気づいたこと

その後、何度か使ってみて、つけ方のコツが見えてきました。

つけ方で大切なポイントは3つ。

  1. シリコンゴムをできるだけ額の低い位置にくるよう装着する
  2. シリコンゴムに髪の毛をはさまない
  3. シリコンゴムの中心と額の中心を合わせる

そもそも、このヘッドバンドのキモは「スウェットブロック・シール」と呼ばれシリコンゴム。

3つのポイントとは、シリコンゴムを中心とした下記のようなものです。

1.シリコンゴムをできるだけ額の低い位置にくるよう装着する

ヘイロヘッドバンドのキモであるシリコンゴムは、重力で垂れてくる汗をストップし左右に逃すことで、顔にしたたらせないというもの。

なので、このシリコンゴムが額の高い位置にあると、それよりも下から出た汗は防ぎようがありません。

そのため、できるだけシリコンゴムが額の低い位置にくるよう装着すると、汗止め効果が最大限に発揮されます。

額の高い位置につけたイメージ
高い位置
額の低い位置につけたイメージ
低い位置

これによるデメリットとして、前髪を固定する効果はほぼ期待できません

そちらを優先したいのであれば、他のキャップやヘアバンドと併用するか、別のものをチョイスするしかないでしょう。

2.シリコンゴムに髪の毛をはさまない

シリコンゴムは額に密着してなんぼ。

シリコンゴムに髪の毛などがはさまっていると、そこから汗が垂れやすくなってしまいます。

装着するときは、前髪を一旦かき上げ額に残らない状態にして、しっかりとシリコンゴムを密着させます。

3.シリコンゴムの中心と額の中心を合わせる

もちろん、シリコンゴムが左右に逃した汗は、ゴムが無くなった箇所から垂れることに。

シリコンゴムを伝う汗のイメージ

シリコンゴムの中心が額の中心にないと、左右で不均等になってしまいます。

短くなった方は、顔近くで汗が垂れてしまい、それが目に行きやすくなるのです。

シリコンゴムの左右の先端を親指で押さえて装着すると、中心を認識しやすくなります。

シリコンゴムの左右を親指で押さえたイメージ

何度か使って、見えてきたポイントは上記3つです。

気温の高い日中に使ってみた感想

3つのポイントを意識して、あえて気温の高い日中に走ってみました。

その日のランニングデータがこちら。

ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ
ランニングデータのイメージ

雲一つない晴天で日差しも強く、気温25℃とはいえ、まだまだ上がってきそうな陽気でした。

ランニングコースのイメージ

この日もキャップはかぶらず、サングラスにヘッドバンドという組み合わせ。

ヘイロヘッドバンドをつけたイメージ

走り出す前に、ヘッドバンドをもう少し低い位置に調整。

この日はグローブをつけ忘れてしまいました。

ただ、サングラスの内側に垂れるような汗はほとんどなかったので、汗をぬぐう必要はありませんでした。

走り終えた直後の状態がこちら。

走り終えた直後のイメージ
走り終えた直後のイメージ

ヘッドバンドがあった位置から下には、ほとんど汗が垂れていません。

ゴムのアトが少し残っているので、元の位置が確認できるでしょう。

この日は風速8m/sだったので、風で汗が乾いた分は差し引いて考える必要はあると思いますが。

とはいえ、バンドの吸水性もなかなかのものです。

走ったあとは、約20gの汗を含んでいました。

通常のヘイロヘッドバンドの重量イメージ
ランニング前
汗を含んだヘイロヘッドバンドの重量イメージ
ランニング後

洗濯のあとすぐに乾いている点からも、速乾性は高いと言えます。

さらに、ヘイロヘッドバンドの大きな魅力が、他のアイテムとの併用のしやすさ。

ランニングキャップやサンバイザー、ロードバイクのヘルメットなどとの併用が容易で、目に汗が断然垂れなくなります。

サンバイザーにヘイロヘッドバンドをしたイメージ
ヘルメットにヘイロヘッドバンドをしたイメージ

そのため、ランニング以外の用途も大きく広がります。

もう何度か洗濯ネットに入れて洗っていますが、生地のほころびや色落ちはありません。

洗濯後のヘイロヘッドバンドイメージ
洗濯後のヘイロヘッドバンドイメージ

まとめ

ランニング中の目に入る汗は、ストレスそのもの。

この汗による不快感から、解放してくれるのがヘイロヘッドバンド。

キャップやサンバイザーとの併用もできるため、とても使い勝手がよくオススメです。

今回レビューしたヘッドバンドがこちら。

ヘイロ(Halo)ヘッドバンドH0002【男女兼用】

一つ持っていて、損はないと思います。

他にも、汗止めのシリコンゴムを内蔵した、キャップやサンバイザーもあるようです。

ヘイロ(Halo)スポーツハット H0009【男女兼用】

Halo (ヘイロ) スポーツバイザー H0010

ランニングに限らず、多くのシーンで活躍してくれるでしょう。

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

関連記事:ランニング用のヘッドバンドおすすめ7選!前髪と額の汗対策に!