【レビュー】ランニングでノースフェイスのレインウェアを試してみた

世界最大級のネットセール間もなく開催! 

詳しくはこちら ▶【2021年】Amazonプライムデーでお得なランニンググッズをゲット!

「ランニングギア取説」運営者のタツヤです。

当サイトでおすすめしている、レインウェアがこちら。

ザノースフェイス(THE NORTH FACE)ストライクトレイルフーディ

㊟枠の中の商品名をクリックしていただくと、ご紹介の商品を直接ご覧いただけます。

わたしも防水性のレインウェアが欲しくなったので、思い切って奮発しました。

実際にランニングで試してみて、色々な気づきがあったのでレビューします。

ザ・ノース・フェイスのストライクトレイルフーディとは?

世界的アウトドアブランドTHE NORTH FACEの、防水性と透湿性を兼ね備えたレインウェアが「ストライクトレイルフーディ」。

amazonで「TNFレモン」というカラーを選びました。

ストライクトレイルフーディが届いたイメージ
ストライクトレイルフーディが届いたイメージ

表面の生地はスベスベして滑らか、裏面は汗をかいても肌に張り付かないよう、わずかな凹凸があります。

ストライクトレイルフーディの表面の質感
表面
ストライクトレイルフーディの内側の質感
裏面

鮮やかなカラーながら、レース時のゼッケンが透けるクリアカラー。

ストライクトレイルフーディのカラー

外側

ストライクトレイルフーディが透けているイメージ

内側

別のカラーも、このようなクリアカラーです。

透け具合はこんな感じ。

ストライクトレイルフーディが透けているイメージ
ストライクトレイルフーディが透けているイメージ

下のシャツの柄が、透けているのがお分かりになるでしょうか。

重量は約100gでした。

ストライクトレイルフーディの重量が100gのイメージ

防水性のレインウェアとしては、かなり軽量だと思います。

耐水圧は20,000㎜、透湿量は40,000g/㎡/24hとかなりハイスペックです。

ストライクトレイルフーディの耐水圧と透湿量のタグ表記

ちなみに「耐水圧」とは、どのくらいの水圧まで防水できるかを示した数値。

耐水圧20,000㎜とは、1㎝×1㎝×20m(縦×横×高さ)の水柱を立てても防水できることを意味します。

耐水圧20,000㎜を示した図

耐水圧から見た、対応可能な天候の目安は下記のとおり。

耐水圧対応可能な天候
300㎜小雨
2,000㎜中雨
10,000㎜大雨
20,000㎜

ストライクトレイルフーディは耐水圧20,000㎜なので、嵐に耐えうる防水性を備えることになります。

「透湿量(透湿度)」とは、24時間で1㎡あたり何gの水分を透過するかを示した数値。

透湿量の説明図

透湿量から見た、対応可能な運動の目安は下記のとおりです。

透湿量対応可能な運動
2,000g/㎡/24h安静時
5,000~8,000g/㎡/24h軽い運動
10,000g/㎡/24h以上激しい運動

ストライクトレイルフーディは透湿量40,000g/㎡/24hなので、ランニングなどの激しい運動にふさわしいと言えます。

さらに縫い目からの浸水を防ぐために、シームテープによる加工がなされています。

ストライクトレイルフーディのシームテープが表記されたタグ

シームテープとは、内側に貼られたこのようなテープのこと。

ストライクトレイルフーディのシームテープ部分
ストライクトレイルフーディのシームテープ部分

縫い目の至る所が、びっしりとテープで覆われています。

わたしは身長167㎝、体重62㎏、胸囲81㎝でMサイズを購入しました。

ストライクトレイルフーディの前面
ストライクトレイルフーディの側面
ストライクトレイルフーディの背面

ジャストサイズでぴったり。

ランニング時の腕振りも、何ら問題ないようです。

ストライクトレイルフーディを着て腕を挙げたイメージ
ストライクトレイルフーディを着て後ろに腕を引いたイメージ

フードが付いています。

ストライクトレイルフーディのフードをかぶった側面
ストライクトレイルフーディのフードをかぶった背面

キャップをかぶるので、正直フードは必要ありませんでした。

ランニング中にフードはかぶらないと思うので、首元から雨が入らないか心配です。

スソと袖口、フードにゴムシャーリング(伸び縮みする箇所)が配されているので、しっかりとフィットして雨の侵入を防いでくれそうです。

ストライクトレイルフーディのスソのゴムシャーリング
スソ部分
ストライクトレイルフーディのスソのゴムシャーリングを伸ばしたイメージ
スソ部分
ストライクトレイルフーディの袖口のゴムシャーリング
袖口
ストライクトレイルフーディのスソのゴムシャーリングを伸ばしたイメージを伸ばしたイメージ
袖口
ストライクトレイルフーディのフード部分のゴムシャーリング
フード部分
ストライクトレイルフーディのフード部分のゴムシャーリングを伸ばしたイメージ
フード部分

ちなみに、ポケットは内外ともにありません。

ストライクトレイルフーディの内側
内側
ストライクトレイルフーディの外側
外側

レインウェアなので無くてもいいのですが、好き嫌いは分かれるところでしょう。

抜群に反射するリフレクターが、3ヶ所に配されています。

ストライクトレイルフーディの前面ロゴ
ストライクトレイルフーディの側面ロゴ
ストライクトレイルフーディの背面ロゴ

これはよく目立っていいと思います。

その他詳細がこちら。

カラー7色
サイズ4サイズ
素材構成ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)

このようなレインウェアを着て、雨の中を走ってみました。

初めて本格的なレインウェアを着て走ってみた

まずは試しに弱い雨(4mm)のなか、5㎞ほど走ってみました。

雨の中でストライクトレイルフーディを着たイメージ

当日の雨の様子をご覧いただけます。

この雨に一時間ほど打たれ続けました。

走り始めてすぐに感じたのは「やっぱり軽い!」。

重さ100gはダテじゃないですね。

それにとても薄手で、ゴワつかないのがいいです。

一昔前のカッパのイメージはありません。

ただ、走り始めは快適だったのですが、しばらくすると熱くなってきたのでフロントジッパーを少し下げて走りました。

いつもの半袖シャツ一枚とくらべ、やっぱり熱いのは仕方ないですね。

走り終えた後はこんな感じに。

ランニング後のストライクトレイルフーディのイメージ

もちろん雨が浸み込んだりはしないのですが、汗でアンダーシャツがビッチョリ濡れて透けています。

今回気づいた点が2つありました。

  1. 4㎜ほどの雨で1時間のランニングなら、撥水性のレインウェアで十分
  2. ランニングのレインウェアは透湿量が重要

1については、降水量と雨に打たれる時間から見たときのレインウェア選び。

弱い雨の中を一時間ほどであれば、撥水性のレインウェアで十分だと思います。

しっかりとした撥水機能があれば、4㎜ほどの雨で一時間なら大丈夫でしょう。

ただ、降水量が5㎜以上となると少し強く感じる雨なので、一時間以上打たれ続けるなら、防水性のレインウェアが無難かもしれません。

レインウェアの撥水性か防水性の見極めは、弱い雨か強い雨か、濡れるのが一時間かそれ以上かを目安にしようと思います。

2について、ストライクトレイルフーディの透湿量は40,000g/㎡/24hにもかかわらず、今回少し熱く感じました。

なので、透湿量10,000g/㎡/24hほどでは、ランニングでは厳しいと推測できます。

ランニングのレインウェア選びでは、絶対に透湿量を重視すべきだと感じました。

あくまでも主観ですので、ご参考までに。

強い雨にはハイスペックな防水性と透湿量が必須

強い雨の中も走ってみました。

当日の雨の様子をご覧いただけます。

6㎜ほどのやや強い雨です。

雨のランニングコース

走る人はもちろん、歩く人さえ皆無でした。

当日のランニングデータがこちらになります。

ランニングデータ
ランニングデータ
ランニングデータ

データ詳細

日付7月6日
時間17時32分〜
気象条件雨、気温23℃、湿度90%、風速3m/秒
キョリ10㎞
所要時間55分07秒
ペース5:30分 /㎞
心拍数(bpm)平均158 最大169

6㎜ほどの雨になると、ウェアをたたく雨の勢いも、かなり強いものがあります。

この雨の中を走るなら、防水性のレインウェアがやっぱり必要でしょう。

自宅から出てすぐに濡れるのは嫌なので、とっさにフードをかぶりました。

何となく嫌だった視界の妨げやバタつき感がなく、いい意味でフードのイメージを覆されました。

ストライクトレイルフーディのフードをかぶったイメージ

浅めのかぶり心地でうっとうしさがなく、ゴムシャーリングがフィット感を高めてくれるので、スッキリとかぶれます。

途中からフードを外して走りましたが、心配していた首元からの雨の侵入もなかったようです。

走り終えたあとは、パンツやシューズは雨でビショ濡れでした。

びしょ濡れのパンツイメージ

しかし、上半身が雨で濡れることはありません。

ランニング後のストライクトレイルフーディイメージ

さすがに内側は汗で濡れていますが……。

本音を言うと、前回も内側が汗でビショビショになったので、「レインウェア必要ないのでは?」と密かに思っていました。

ただ今回気づいたのは、レインウェアが濡れ冷えを抑える効果

この雨の中を一時間以上濡れ続けると、さすがに身体は冷え切ってしまうでしょう。

特に走り終えた直後は注意すべきです。

走り終えてから自宅まで歩くとき、いつも急激な冷えを感じるからです。

そういった意味で、内側がたとえ汗でビショ濡れになったとしても、レインウェアが雨を防いでくれる効果は大きいと思います。

レインウェアと言えば、「いかに雨を防ぐか」に目がいきがちですが、実は濡れ冷えを抑える役目もあることを知りました。

それには「高い透湿量」も欠かせないのだと思います。

気になった点を一つ挙げるとすると、左腕は袖口から雨が侵入したこと。

右腕は大丈夫だったので、時計をしていた影響でしょう。

左腕の時計

とはいえ、袖口もゴムシャーリング仕様でキュッと締まっているので、他のレインウェアにくらべるとマシなのかなと思います。

まとめ

弱い雨と強い雨の両方で、レインウェアの防水性を確かめてみました。

やはり5㎜以上の雨となると、防水性が欲しいところ。

それに加え透湿量の高いものでなければ、内側がムレてかなり不快だと思います。

高い防水性は、高い透湿量があってこそのものだと実感しました。

今回レビューしたレインウェアはこちら。

ザノースフェイス(THE NORTH FACE)ストライクトレイルフーディ

耐水圧20,000㎜と嵐に耐えうる防水性と、透湿量40,000g/㎡/24hとランニングのような激しい運動にも適した高機能モデル。

お値段もそれなりですが、一着持っておくと、ほぼどんな雨でも対応できるでしょう。

雨の日は自宅を出るまで億劫で仕方ありませんが、しばらくするとレインシャワーの爽快さがたまらなくなります。

しっかりとした雨対策をして、あなたなりの雨ランを楽しんでくださいね。

あと余談になりますが、雨のなか視界を確保するのに、ツバの長いこちらのキャップが役立ちました。

Twitterやってます!よかったらお友達になりましょう♪

関連記事:ランニングの撥水・防水レインウェア男女15選!雨対策はまずここから!

おすすめ記事:ランニング本もaudibleがおすすめ!LSDにAmazonオーディオブックを!